RGフォースインパルスガンダムにHGCEのエクスカリバーを持たせてみた

前回のHGCEインジャの前に、実はRGインパルスを組んでいました。

これもまたすごく良い出来でして、(翼部分の改変だけはいただけないですが…)

プロポーションがマッシブなので、個人的にはHGCEよりも好みです。

 

そんなステキなRGインパルスにぜひHGCEのエクスカリバーを持たせたい!


という欲望がメキメキ出てきたので持たせようとしたら…

 

持てない!!

 

なぜだ!と考えるまでもなく、原因はRGインパルスの手首にある武器保持用のピンでした。

エクスカリバーを持たせる一番手っ取り早い方法はピンを根元から折ることです。

でもピンが無いとエクスカリバーを持たせてもゆるゆるになってしまいます。

せっかくピンがあるので、今回はそれを生かしていきます。

ということでエクスカリバーにピンを挿す穴を開けていくことにしました。

 

私が使用したのは「筋彫りカーバイド」です。

この筋彫りカーバイドでひたすらピンが入るまで掘っていきます。


そして掘り終わった状態がこちら。


見た目はきれいではないですが、持てば見えなくなるのでお構いなしです。

そして実際に持ち手で持たせた状態がこちら。

 

これで持つことが出来ました。


ちなみにデジタルノギスでピンの太さを測ったら0.8㎜、長さは2.4㎜でした。

彫られる際は目安程度に参考にしてみてはいかがでしょうか。


そしてポージング

これでエクスカリバーをしっかり持たせてポージングが出来ました。


難点と言えばエクスカリバーがHGCEソードインパルス(プレミアムバンダイ限定)に付属ということと、

両手持ちをするにはもう一つ穴を開けないといけないことですかね。


前者は再販を待たないといけないのでなかなかハードルが高いです。

ちなみにフリーダムぶっ刺し用のエクスカリバーもピン用穴を開ければ使えますが、
色分けが苦行すぎるので見て見ぬふりをしています。

 

余談ですが、新たなVer.Ka「MG ウイングガンダムゼロEW」が発表されましたね。

個人的には意外性が無さ過ぎたので、完全にエントリーグレードのガンダムの方に心惹かれていますが…。

最近のキットは入手が昔ほど簡単じゃなくなったので、
エントリーグレードの方はしっかりと予約して買おうかなと思います。

-ガンプラ(RG)

© 2024 ぐーたらもけー